てっぺんごなし

【標準語】頭ごなし

【品詞】名詞

【意味】
・頭ごなし
・相手の言い分など聞かずに最初から押さえつけること

【参考】「てっぺん(頭)+ごなし」→頭ごなし

【用例】
・そえん…テッペンゴナシい言われたら、誰でちゃ…はらかくくさ。おらぁせんばい
→そんなに…頭ごなしに言われたら、誰でも…頭にくるでしょ。俺はやらないよ
・顔ば見て…テッペンゴナシい文句言いなあっちゃもん、たいがい…ぐらぐらこいたやねえ
→顔を見て…頭ごなしに文句を言うんだぜ、いい加減…怒り心頭に達したよ
・あんたが…テッペンゴナシい偉そうい言うたっちゃ…人望のなかけん、誰も聞かんたい
→あんたが…頭ごなしに偉そうに言ったって…人望がないので、誰も聞かないよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「怒」「あんなに、頭ごなしに怒んなくったっていいだろうに…」「あれは…パワハラだよ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る