てんてるやすい、てんてれやすい、てんてろやすい

【標準語】簡単に

【品詞】形容詞

【意味】
・たやすい、易しい、
・きやすい、簡単、訳なく

【同義】てんてるやすい、てんてれやすい、てんてろやすい

【参考】「てんてる(てんで:すごく)+やすい(易い:たやすい)」→すごく簡単

【関連】語彙を形成する「てんてる、てんてれ、てんてろ」について
《意味》てんで、とんと、まるっきり、まったく、すごく、本当に、
《参考》
・主たる言葉の前につけて、その言葉を強調する…一般的には否定や打消しの強調に使う
 →「てんで分らん:ちっとも分らない」、「とんと思い出せん:ちっとも思い出せない」

・肯定的に使われる珍しい例である
 →現代文で言えば「ぜんぜん旨い:すごく上手い」、「まるっきり正解;全問正解」

【用例】
・数学のテストくさ…テンテルヤスカったろうが、あら…100点満点ばい
→数学のテストだけど…すごく簡単だったでしょ、あれは…100点満点だよ
・融資のことやが、そえん…テンテレヤスウ考えとってよかとな?大事かことばい
→融資のことだけど、そんなに…簡単に考えていていいのかい?大事なことだよ
・兄ちゃんな、おまえが思うとるごとテンテロヤスウ…九州大学い合格したとやなかとばい
→兄ちゃんは、お前が思っているほど簡単に…九州大学に合格したんじゃないんだよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「今日のテスト…すごく簡単だったね」「おーっ、馬鹿みたいに気易かった!」「ほ、本当に…易かったねぇ」(オ、オレ…馬鹿かもしれん)

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る