でくる、でける

【標準語】できる

【品詞】動詞

【意味】
・生まれる、産まれる
《用例①》「子供のデケタげな」→「子供が生まれたそうだ」
《用例②》「この店のデケテもう20年やが」→「この店を開店してもう20年だよ」

・発生する、起こる
《用例①》「おおごとのデケタばい」→「大変な事が発生したぞ」
《用例②》「小笠原んにきで台風のデケトウ」→「小笠原付近で台風が発生している」

・成育する、豊作になる
《用例①》「イチゴのデケ過ぎて熟れ過ぎよう」→「イチゴが生育し過ぎて熟れ過ぎている」
《用例②》「今年のスイカなようデケタ」→「今年のスイカは豊作だった」

・成績がよい、頭がいい
《用例①》「あっちの息子なようデクル」→「あちらの息子は成績が良い」
《用例②》「俺の方がおまいよりデケトウとぜ」→「俺の方がお前よりも点数がいいんだぞ」

・男女が秘かに結ばれる、恋仲になっている
《用例①》「あの2人なデケトルげな」→「あの2人は秘かに結ばれているらしい」

・つくられる、建てられる
《用例①》「ここの工場でアイスのデクル」→「ここの工場でアイスが作られる」
《用例②》「ここい図書館のデケルげな」→「ここに図書館が建てられるそうだ」

・可能である、
《用例①》「1分なら息ば止むることのデケル」→「1分なら息を止めることが可能である」
《用例②》「餃子なら80個食うことのデクル」→「餃子なら80個食べることが可能である」

【同義】でくる、でける

【対義】でけん
《意味》①できない、駄目
《用例》
「頑張りようとい、子供のデケン」→「頑張ってるけど、子供が生まれない」
「今年ゃ、いっちょん台風なデケン」→「今年は、ちっとも台風が発生しない」
「日照不足で、キュウリのデケン」→「日照不足で、キュウリが生育不良だ」
「デケなれんばってん、人間なよか」→「成績は悪いが、人間性はよい」
「不景気で、ホテルなデケンげな」→「不景気で、ホテルは建たないそうだ」
「いくら金ば積んだっちゃデケン」→「いくらお金を積んでも不可能だ」

《意味②》してはならない
《用例》
「そえな…デケンもんなデケン」→「そんな…しちゃいかんことはできない」

《関連》「でけん」をつかった慣用句
「デケンですバイ」→「やっちゃいかんですよ」「だめだこりゃ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説(でくる)

 

【翻訳】
①「あっ、動いた」
②「爆弾テロだ、逃げろー」「これは大変な事が起こった」
③「伊都彩菜にも出荷してみよう…よっコラショ」
④「東大に進学していい?」(本当に俺の子かなあ…)「いいけど」
⑤「先輩~」「何だい?」「彼らは、深い男女関係になっているぞ」
⑥「母さん、ご飯はまだかい?」「もうすぐできる…今日は、がめ煮だ」「ぐー」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説(でけん)

【翻訳】
①「父さん、俺に100万円…ちょうだい」「お前は、馬鹿か!駄目だ、駄目だ…どこに、そんなお金があるんだ」
②「じゃあ…ちょっと強盗をしてこよう」「やってはいけない…それだけは止めてくれ。息子を犯罪者にするわけにはいけない」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る