でんきのほや

【標準語】電球

【品詞】名詞

【意味】電球

【同義】でんきのほや、ほや

【参考】「でんきの(電気の)+ほや(火屋)」→電球

【関連】火屋(ほや):ランプなどの照明器具の光源を囲むガラス製の容器

【用例】
・高うして…あたしゃあ届かんけん、ああたが…デンキノホヤば替えちゃらん?
→高くて…私では届かないので、あなたが…電球を替えてくれない?
・LEDいしてから、いっちょん…デンキノホヤの切れんごとなった
→LEDにしてから、ちっとも…電球が切れなくなった
・エジソンの発明した…デンキノホヤいな、日本の竹ばフィラメントい使うたあげな
→エジソンが発明した…電球には、日本の竹がフィラメントに使ってあるそうだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「LEDだけど…使えるかな?」「大丈夫そうだよ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る