どうしこうし、どうちゃらこうちゃら

【標準語】どうなりこうなり、いい加減に

【品詞】副詞、形容動詞

【意味】
・どうにかこうにか、かろうじて、やっと、どうやらやっと、兎にも角にも
《同義》どうしこうし、どうじゃらこうじゃら、どうちゃらこうちゃら
《用例①》急な大量発注やったばってん、ドウシコウシ…納品に間に合うたやねえ
 →急な大量発注だったけど、どうにかこうにか…納品に間に合ったよ
《用例②》台風やらで、段取りなくるうたが…ドウジャラコウジャラ完成したやねえ
 →台風なんかで、段取りは狂ったけれど…どうにかこうにか完成したよ
《用例③》せいせい言うて走ったけん、ドウチャラコウチャラ…最終電車い乗られたやなあ
 →せかせか急いで走ったので、かろうじて…最終電車に乗ることができたよ

・無責任に、なげやりに、いい加減に、無茶苦茶に
《同義》どうじゃらこうじゃら、どうちゃらこうちゃら
《類義》なしかいな:なぜなんだろう、どうしてだろう
《用例①》何なこの出来なあ…ドウジャラコウジャラ仕事ばされたら、後が迷惑するとばい
 →何だこの出来は…いい加減(無責任)な仕事をされたら、後が迷惑をするんだぞ
《用例②》ドウチャラコウチャラ勉強しようけん、いっちょん成績の上りよりめいが
 →いい加減な勉強をしているから、ちっとも成績が上がっていないだろ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
①「どうにかこうにかしてたら…出来上がったぞ」「すごい、システム完成だよ…good job」
②「あらら…何故なんだ、無茶苦茶になっちゃったぞ」「あら!データがすべて消えてしまってる」「大変な事になってる」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る