とりもん

 

 

【標準語】ちょっとした食べ物

【品詞】名詞

【意味等】おやつ、おつまみ、お菓子、お通し

【参考】お茶のときは茶菓子、お酒のときはおつまみ

【用例】
・せっかくトリモンい…破れ饅頭ば作ったけん、遠慮せんで食べちゃり
 →せっかく茶菓子に…田舎(蒸し)饅頭を作ったから、遠慮せずに食べてね
・酒しかなかとや?しょうゆかい…トリモンい、村島のクジラ天ば30本ばかし買うてこい
 →酒しかないのか?新参者…おつまみに、村島のクジラ天を30本くらい買ってこい
・トリモンば見たら、料理人のこだわりの…?缶詰のサバの味噌煮やなかや…しけとう~
 →お通しを見たら、料理人のこだわりが…?缶詰のサバの味噌煮じゃない…つまんね~

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
①「がめの葉饅頭を作ったので、お取りください」「あなた、上手だもの…じゃあ、ひとつ」「何でも上手ね!」
②「こんなものしかないけど、取ってください」「乾き物しかないの?つまらない~じゃあ、これを…」「村島の天ぷらくらい、用意しとかなきゃ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る