なめずりやい

【標準語】接吻

【品詞】名詞

【意味】キス、口づけ、異性の身体の一部に唇で触れること

【参考】なめずる(舌で唇を舐める)+やい(合う)→互いの唇を舐めまわす行為

【用例】
・キスば…ナメズリアイって言うたら、何か、うらんかことば…しようごと聞こゆる
 →キスを…唇の舐め回し合いと言ったら、何か、不潔な行為を…しているように聞こえる
・お出かけのナメズリヤイ、お帰りのナメズリヤイ、新婚さんなナメズリヤイば好いとうね
 →お出かけのキス、お帰りのキス、新婚さんはキスが好きなんだね
・たまがった…おかしかとこい車の止まとうけん、よおと見たら…ナメズリヤイよんなあと
 →驚いた…変な所に車が止まっているので、よく見たら…接吻しているんだもの

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「キスして…いい?」「そのうち…接吻をするぞ…」「いやらし~」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る