なんかなし

【標準語】ともかく、なんとなく

【品詞】副詞

【意味】
(1)ともかくの「なんかなし」
《意味》とにかく、いずれにしても
《同義》なかなし、なんかなし
《参考》何かあったとしても何もなかったとととしてという意味
《用例》
・よかけん…おそえちゃり、忙しかろうばってん、ナンカナシおそえない
 →いいから…教えてちょうだい、忙しいでしょうが、とにかく教えてよ
・おれも…なしてか、ようわからんとばってん…ナンカナシ、身体いよかとげな
 →俺も…どうしてか、よくわかんないんだけど…とにかく、健康にいいらしい

(2)なんとなくの「なんかなし」
《意味》なんとなく、何とはなしに
《参考》何も意味はなく、何も考えがなくという意味
《用例》
・行かんのき…ナンカナシ、悪かことの起ころうごたあ気のすると
 →行かないで…何となく、悪いことが起こりそうな気がするの
・あたしゃあ、このアーティスとば好いとうと…ナンカナシかっこよかろうが
 →私は、このアーティストが好きなの…何とはなしにかっこいいでしょ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
・何となく、買ってみた「年末ジャンボをバラで20枚…」「当たりますように…」
・「!」「とにかく、こっちに来てちょうだい!」「なあに、ちょっと待ってて」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る