なんごと

【標準語】なにごと、なんで

【品詞】名詞

【意味】
(1)なにごとの「なんごと」
《意味》何事、何用
《用例》
・天気ゃあよかとい停電やらするけん、ナンゴトかと思うたら…漏電げな
 →天気はいいのに停電なんかするので、何事かと思ったら…漏電だって
・こえん遅う電話やらしてきて、ナンゴト?泣きよるごたるが…ナンゴトかあったと?
 →こんなに遅く電話なんかして、何用?泣いているみたいだけど…何事かあったの?

(2)なんでの「なんごと」
《意味》なんで、なぜ
《参考》相手や相手の行為を問題視・非難するようなニュアンスもある
《用例》
・明日あ実力テストんとい、ナンゴト遅うまでゲームばしよるとな
 →明日は実力テストなのに、なんで遅くまでゲームをしているんだ
・電話で騙されて、ぜんば振りこうだ?…振り込む前い、ナンゴトあたしい相談せんとなあ
 →電話で騙されて、お金を振り込んだ?…振り込む前に、なんで私に相談しないの

【参考】なん(何)+ごと(事)

【関連】「なんごと」を使った言葉・言い回し
(1)なんごといいよるけ
《意味》何を言っているのだ、何をたわごとを言っている
《参考》なんごと(何事を)+いいよる(言っている)+とけ(のだ)
《同義》なんごといいよるとけ、なんばこきよるとけ
《用例》
・示談したとい、今のういなって…慰謝料ば払えやらナンゴトイイヨルトケ
 →示談したのに、今頃になって…慰謝料を払えなんて何をたわごとを言っている
・ナンゴトイイヨルトケ…事業い失敗したたあ、我がせいやろうが…俺のせいいしなんな
 →何を言っているんだ…事業に失敗したのは、自分のせいでしょ…俺のせいにするなよ

(2)なんごとな
《意味》どうしたんだい、何かあったのかい、何か用かい
《参考》なん(何)+ごと(事)+な(ですか:問いかける言い方)
《用例》
・小学校い、えらいしこパトカーのおるがナンゴトナ?…交通安全教室のありようとな
 →小学校に、たくさんパトカーがいるけど何かあったの?…交通安全教室があってるの
・「えらい、めかしこうで出かけよるが…ナンゴトナ?」「しゃあしか…こっけじじい」
 →「すごく、お洒落してお出かけしてるけど…どうしたの?」「うるせえ…糞じじい」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「なにごとだ?」「さあ?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る