にくじ、にくじゅう

 

【標準語】いたずら

【品詞】名詞

【意味等】他人に迷惑をかけるような行為、意地悪、いじめ、悪口、皮肉、嫌み

【参考】語源は「憎し」で、憎まれるようなことを言ったりしたりすること

【同義】にくじ、にくじゅう

【関連】にくじゅうを使った言い回し…「にくじゅうなてんきで」
《意味》あいにくの天気で
《用例》「糸島いドライブい行たとい、ニクジュウナテンキデ…楽しゅうなかった」
 →「糸島にドライブに行ったのに、生憎のお天気で…楽しくなかった」

【用例】
・うちの主任な、機嫌の悪うなったらニクジばっかり言うて…毒吐いてまわんなあ
 →うちの主任は、機嫌が悪くなったら嫌味ばかり言って…毒を吐いてまわるんだ
・そえん…ひちこいたらしゅう、弟いニクジュウせんと…泣きよんなろうが、みのでるばい
 →そんなに…執拗に、弟をからかっちゃいかん…泣いているだろう、喧嘩になるぞ
・アジコば釣りい行たら…ニクジュウのごとクサフグばっかしで、ぞうたんのごたった
 →アジを釣りに行ったら…嫌がらせのようにクサフグばかりで、途方もないことだった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「に」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「おまえなんか…ちっとも好きじゃない…けど、カエル…いる?あなたにあげようか?」(本当は大好き)(本当は大好き)「もーっ!嫌がらせは、しないで!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「に」の索引に戻る