~にき


【標準語】傍(かたわら)

【品詞】名詞

【意味】そば、近く、近辺、脇、際、左右

【同義】~にき、~らへん

【参考】語源は西日本でよく使われる方言「根際(ねき)」の音変異と思われる。野際や軒端(のき)が語源という説もある

【参考】「~にき」を使った言い回し
・あそこんにき→あそこいらへん→あのへん
・そこんにき→そこいらへん→そのへん
・ここんにき→ここいらへん→このへん
・どこんにき→どこいらへん→どのへん

【用例】
・今度の転校生は、横浜んニキから来た「浜っ子」やけん、えらい…しゃれとんしゃあよ
 →今度の転校生は、横浜あたりから来た「浜っ子」なので、とても…お洒落だよ
・雨漏りな、どうも…あすこんニキからしようごとある、今度、大工さんい見てもらおう
 →雨漏りは、どうも…あの辺りからしているようだ、今度、大工さんに見てもらおう
・あの田んぼの畔んニキい、ツクシのぞっくり生えとう…あすこんニキゃあ、ぬっかもんね
 →あの田圃の畔辺りに、ツクシがいっぱい生えている…あの辺は、暖かいもんね

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「に」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「スマホを忘れたんで…取ってくれ!テーブルの辺りにあるから!」「わかりません…この辺りには、ありませんよ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「に」の索引に戻る