ぬらむ、ねらむ

【標準語】睨む

【品詞】動詞

【意味等】目を怒らして見つめる、鋭い目つきで見る

【同義】ぬらむ、ねらむ

【参考】「睨む」の音変異、「ねらむ」は関西から九州まで使われる地域が多い

【関連】目標を凝視することから「狙う」の音変異という説もある

【類義】ねんかくる(狙う)

【用例】
・さあきから、ずーっと俺ばヌラミつけよるが…何ばはらかいとうと?言うてんない
 →先程から、ずっと俺を睨みつけているけど…何を怒っているの?言ってごらんなさい
・あんたんとって知らんで冷蔵庫のプリンば食うた…俺が悪かった…そえんネラミなんな
 →あなたの物と知らずに冷蔵庫のプリンを食った…俺が悪かった…そんなに睨まないで
・前頭やが、この相撲取りな気合の入っとう…あえん横綱ばネランでえずうなかとかいな
 →前頭だが、この力士は気合が入っている…あんなに横綱を睨んで怖くないのだろうか

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ぬ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
①「今日は、俺のおごり…何でも食って!」「じゃあ…オレ、12,000円の和牛ステーキ」「私は15,000円の特製うな重」「ならば…オレは毛ガニと…」
②「や、やっぱり…うどん定食」「わ…私も520円のうどん定食…」「イクラとサーモン、マグロの刺身も頼んでいい?」「睨んでいるわよ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ぬ」の索引に戻る