ばりでる

【標準語】はみでる

【品詞】動詞

【意味等】はみ出すこと、張り出すこと

【参考】語源は諸説あり

《その1》「はりでる」の音変異
・漢字で「張り出る」、意味は「外へ出っ張らせる」「外へ広げ出す」で、ほぼ同意

《その2》ばり(bull:はみ出した原料くず)+でる(出る)→隙間(縁)からはみでる
・鋳型加工などで、隙間からはみ出る原料くずを「ばり:英語でburr」や「めくれ」という
・製品についた「ばり」は、仕上げの行程で削り取られる。この工程を「ばりとり」という
・「ばりでる」自体が、新しい方言なので《その2》の可能性も高い

【用例】
・サンドイッチな、具のバリデルぐらい…たいそ入っとうほうが好いとう
 →サンドイッチは、具材がはみでるくらい…たくさん入っている方が好きです
・好かーん、また隣の区画の人の…うちの貸農園の区画さいバリデテ、野菜ば植えとんなあ
 →嫌だー、また隣の区画の人が…我が家の貸農園の区画にはみ出て、野菜を植えてるよ
・このプラモデル…着色なようでけとうとい、接着剤の付け過ぎで…バリデテみたむなか
 →このプラモデル…着色はよくできてるのに、接着剤の付け過ぎで…はみ出て台無しだ

■TOP画面に戻る

■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「なぜ、仕切るんだよ~!性格が悪いなあ!」
「あんたが、しれーっと、はみ出して来るから…でしょうが!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る