あっちゃこっちゃ、ひっちゃこっち、へちゃぽん

【標準語】あべこべ、あちこち

【品詞】形容動詞

【意味等】

(1)あべこべの「ひっちゃこっち」

《意味》ものが反対になること、逆さま

《用例》
・ああたとあたきの靴のヒッチャコッチいなっとう、こらあ…酔うとうばい
 →あなたと私の靴があべこべになっている、これは…酔っ払っちゃったようだ
・俺がいっち年長ばってん、消防団な団暦やけん…ヘチャポンで、醬油買いやもん
 →俺が一番年上だけど、消防団は団暦なので…逆転して、下っ端だもの
・部品のはまらんけん…ようと見たら、ヒッチャラコッチャラやもん…はまらんはずやもん
 →部品がはまらないので…よく見たら、逆さまだもの…取り付けられないはずだよ

(2)あちこちの「ひっちゃこっち」

《意味》あっちこっち、前後のつじつまが合わない

《用例》
・おりおうて説明しない…話のヒッチャコッチいなっしもうて、わからん
 →落ち着いて説明しなさい…話の前後のつじつまが合わなくて、わからない
・靴なそろえて上がらな…アッチャコッチャてっ散らかって、誰んとかわかんごとなる
 →靴をそろえて上がらないと…あちこちに散乱して、誰の物かわからないようになる
・役所い相談い行たら…ヒッチャラコッチャラたらい回しされて、たいがい…嫌いなったや
 →役所に相談に行ったら…あっちこっちたらい回しにされて、いい加減…嫌になったよ

【同義】あっちゃこっちゃ、ひっちゃこっち、ひっちゃらこっちゃら、へちゃぽん など
・九州各地で使われるが、地域によって微妙にいいかたが違う
・博多では「ひっちゃらこっちゃら」、糸島では「ひっちゃこっち」がよく使われる

【参考】ひっちゃ(あちら)+こっち(こちら)→あべこべ、と思われる

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
「父さん!それは!私の下着でしょ…不潔~もーっ!」
「あべこべになっちゃったようだなぁ…何か…変だと思ってた!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る