ひぐらし、ひして、ひしてじゅう、ひのいちんち

【標準語】終日、終日仕事

【品詞】名詞

【意味等】

1)終日の「ひぐらし」、「ひして」

《意味》丸一日、一日がかり、ひねもす、朝から晩まで

《用例》
・ひさしかぶりの休日やったけん…朝寝しよったら、目の覚めたら…ヒグラシ寝とった
 →久々の休日だったので…朝寝していたら、目が覚めたら…丸一日寝てしまった
・ヒシテ…アジコば釣りよったが、南蛮漬いしかならんごたるこまかとの…たいそ釣れた
 →終日…アジを釣ってたが、南蛮漬にしかならないような小さいのが…たくさん釣れた
・引っ越しの片づけい…ヒシテジュウかかったばってん、まあだ…半分も終わらん
 →引っ越しの片付けに…朝から晩までかかったけれど、まだ…半分も終わらない
・病院で精密検査ば受けたが…ヒノイチンチかかって、くたぶれっしもうた
 →病院で精密検査を受けたけど…丸一日かかって、くたびれてしまった

2)終日仕事の「ひぐらし」、「ひして」

《意味》日がな一日の仕事、残業を伴う仕事

《用例》
・しちこいたらしか仕事やねぇ、しかしか終あかさなあ…ヒグラシしょうごたあ
 →面倒臭い仕事だなぁ、てきぱき終わらせなきゃ…一日仕事になりそうだ
・原稿の締め切りなあ…夜中の12時やけん、ヒシテせんやったら…間に合わんばい
 →原稿の締め切りは…夜中の12時だから、一日がかりで仕事しないと…間に合わんぞ
・暮れい…お飾りば直売所い出いたら売るるけん、ヒシテジュウ作ったら…大儲けたい
 →年末に…正月飾りを直売所に出荷したら売れるので、丸一日作ったら…大儲けだよ
・会計検査の入るけん帳簿やら整理しよったら、ヒノイチンチかかったっちゃ…しまえん
 →会計検査が入るので帳簿などを整理していたが、丸一日かかっても…終わらない

【同義】ひぐらし、ひして、ひしてじゅう、ひのいちんち

【参考】
・「ひぐらし」:語源は古語の「ひくらし」、漢字で「日暮らし」
・「ひして」:語源は「日を通して」や「日一日(ひひとひ)」などの音変異説がある
・「ひしてじゅう」:ひして(終日)+じゅう(中)→終日:「ひして」の強調形
・「ひのいちんち」:「日一日(ひひとひ)」のこと、「一日」を強調した言い方

【関連】「ひして」を使った言葉:「ひしてごうし」

《意味》隔日、一日おき

《参考》ひして(丸一日)+ごうし(交互)→一日おき

《用例》「パートいな…月・水・金曜日、ヒシテゴウシい来てもろうて…よござすな?」
 →「パートには…月・水・金曜日、一日おきに来ていただいて…よろしいですか?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
「一日中…畑仕事だったので…今日は疲れたなあ~」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る