ひょうっと、ひょくっと、ひょかっと、ひょこっと、ひょろっと

【標準語】突然に

【品詞】副詞

【意味等】突然、ひょっこり、不意に、思いがけず

【同義】ひょうっと、ひょくっと、ひょかっと、ひょこっと、ひょろっと

【参考】語源は漢字の「凶(ひょう)」で古語の「ひゃうど」に由来する

【用例】
・さあき、子供の…ヒョウット飛び出してきたけん、急ブレーキば踏んだったい
 →さっき、子供が…不意に飛び出してきたので、急ブレーキを踏んだんだよ
・嫁入りした娘の…ヒョクット帰ってきて、なあも言わんで泣きようけん…えらい心配
 →「嫁入りした娘が…ひょっこり帰ってきて、何も言わずに泣いているから…とても心配
・爺さんの、朝あ元気やったとい、ヒョクットたあれて…死になった、脳梗塞やったげな
 →お爺ちゃんは、朝は元気だったのに、突然倒れて…死んじゃった、脳梗塞だったそうだ
・眠りかぶりよったら…ヒョコット電話の鳴って、たまがって…心臓のあおぎよう
 →ウトウトしていたら…不意に電話が鳴って、驚いて…ドキドキしている
・夜中い三瀬峠ば越えよったら…ヒョロットイノシシの飛び出いてきて、轢いてしもうた
 →夜中に三瀬峠を越えていたら…急にイノシシが飛び出してきて、轢いちゃった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「お父さんとお母さん…離婚することになった!」
「あんた、これから…どちらと一緒に暮らしたい?」
「そんなこと…急に言われても…よくわからない」
「よく、明るく言い放つことができるなぁ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る