ひょんまがる、ひんまがる

【標準語】ひどく曲がる

【品詞】動詞

【意味等】強い力で曲がる、ひねくれる

【同義】ひょんまがる、ひんまがる

【類義】ひよる、ひょんがむ、ひょんごむ、ひんよごむ:ひどく歪む

【参考】ひょん・ひん(語彙を強める接頭語)+曲がる→ひどく曲がる

【関連】「ひんまがる」は全国的に使われ、方言ではないという説もある

【用例】
・最大瞬間風速62mやったげな…えらい大風やったもん、鉄塔もヒンマガットウ
 →最大瞬間風速62mだったそうだ…ひどい大風だったもの、鉄塔も折れ曲がっているよ
・店ん中い…自動車の突っ込んで、入口の柱やら窓枠やらの…ヒンマガッシモウトウ
 →店の中に…自動車が突っ込んで、入口の柱や窓枠などが…ひどく曲がってしまってる
・親な人格者んとい、息子な…はしこうして、噓つきで、ケチで…ヒンマガットウっちゃん
 →親は人格者なのに、息子は…攻撃的で、嘘つきで、ケチで…ひねくれているんだよ

◎「ひんまぐる、ひょんまぐる」について

【標準語】ねじ曲げる

【品詞】動詞

【意味等】強い力で曲げる、押し曲げる

【参考】ひん(語彙を強める接頭語)+まぐる(曲げる)→ねじ曲げる

【用例】
・こえな鉄棒ばヒョンマグルぐらい…きやすか、俺の握力な…プロレスラーなみぜ
 →このくらいの鉄棒をねじ曲げるくらい…簡単だ、俺の握力は…プロレスラーなみだぞ
・日本刀な…鍛冶職人の、熱かタタラば…何回も叩いて鍛えて、ヒンマグッテ…造ると
 →日本刀は…鍛冶職人が、熱いタタラを…何回も叩いて鍛えて、折り曲げて…造るんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
(俺は…本当は、握力が強いんだ)
「ほーら、ほらほら…念を送ればグニグニと、ねじ曲がるんです!まさに、ハンドパワーなのです」
「どうして、そんなに…ねじ曲げるんだい?」
「ほえーっ」「えふっ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る