ふうくる、ふうける

【標準語】夢中になる、意識が鈍る

【品詞】形容動詞

【意味等】

(1)夢中になるの「ふうくる」

《意味》悪事や博打、遊興、色事などに熱中し、溺れること

《用例》

・わっかとっから真面目で…遊んどんなれんけん、定年前い風俗いフウケテ…手い合わん
 →若い時から真面目で…遊んでないもんだから、定年前に風俗に溺れて…手に負えない

・初めと競艇い行て…大当たりしたもんやけん…博打いフウクルうて…借金地獄たい
 →初めて競艇に行って…大当たりしたものだから…博打に夢中になって…借金地獄だよ

(2)意識が鈍るの「ふうくる」

《意味》正常な判断を失った言行をする、 頭の働きや知覚が鈍くなる

《用例》

・病気で奥さんば亡うなかいて、仕事ば辞めて…引き籠って、フウケタごとなっとんなあ
 →病気で奥さんを亡くして、仕事を辞めて…引き籠って…無気力な状態になっている

・ひさしかぶりい会うたら…俺が誰か分かんなれんごたあ、フウクルごたあ歳でもなかとい
 →久し振りに会ったら…俺が誰か分からないようだ、ボケるような歳でもないのに

【同義】ふうくる、ふうける

【参考】語源は「ほうける(呆ける、惚ける)」

【関連】「ふうける」に関連することば

(1)「ふうけとる」→夢中になっている、意識が鈍っている

《意味》
・悪事や博打、遊興、色事などに熱中し、溺れる様
・正常な判断を失った状態、 頭の働きや知覚が鈍い様

《参考》ふうけ(溺れる・判断できない)+とる(ている)→惚(呆)けている

《用例》

・博打いフウケテ、嫁い逃げられ…財産も失うとうとい、馬鹿やけん…まーだフウケトル
 →博打に夢中になって、嫁に逃げられ…財産も失ったのに、馬鹿なので…まだ溺れている

・えらいしこ借金のあるくせい…事業拡大やら自殺行為やが、社長なフウケトンナア
 →ものすごく借金があるのに…事業拡大なんて自殺行為だ、社長は正気の沙汰じゃない

(2)「ふうけもん」→惚(呆)け者

《意味》痴れ者、愚か者、馬鹿者、あほう、うすのろ、役立たず

《同義》ふうけもん、ほうけ

《参考》語源や由来について
・ふうけもん:ふうけ(溺れる・判断できない)+もん(者)→痴れ者
・ほうけ:「ほうけもん(惚け者、呆け者)」を簡略したいいかた

《用例》

・資産家やったが…息子がフウケモンやけん、騙くらかされて…財産のそうようのうなった
 →資産家だったが…息子が馬鹿者で、騙されて…財産をすべて失ってしまった

・議員ば引退して…長男が立候補するげなばってん、あらあホウケやけん…おらあ入れん
 →議員を引退して…長男が立候補するらしいけど、あいつ阿呆だから…俺は投票しない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
上:「競艇で100倍にしてきてやる」
  「それは…子どもの給食費なのよ、持って行かないでー」
  「博打はやめて…」「父ちゃん…」

下:「競艇で100倍にしてきてやる」
  「それは…私のマスクだよ、持って行かないでー」
  「昔は泣かされてたけど…呆けてしまっちゃった」「爺ちゃん…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る