ふうたんぬるか

【標準語】のろま

【品詞】形容詞

【意味等】やりかたがのろい、ぐずぐずする、反応が鈍い、どんくさい

【説明】動作が遅くてぐずついたり、扱いが緩やか過ぎて対応が遅いような状況

【参考】語源は諸説ある

《説1》ふうたん(ほうたれ:間抜け)+ぬるか(のろい、鈍い)→のろま
・「ふうたん」は「ほうたれ」で「ふうけもん」「ほうけ」の意味

《説2》ふうたん(風体:様子、見かけ)+ぬるか(のろい、鈍い)→のろま
・「ふうたん」は「風体(ふう(様子)+てい)」で、様子や具合の状態の意味
【用例】

・まあだ…作業の終わらんとや?フウタンヌルカ仕事ばせんで…しかしかしてんろ
 →まだ…作業が終わらないの?ぐずぐずした仕事をしないで…てきぱきやれよ

・申請して1週間経つとい…音沙汰のなか、決済やら何やら…役所仕事なフウタンヌルカ
 →申請して1週間経つのに…音沙汰が無い、決済やら何やらと…役所仕事は対応が鈍い

・あらあフウタンヌルカけん…急ぎの仕事な無理ばい、お客さんば…はらかかすると思う
 →あいつは鈍臭いので…急ぎの仕事は無理だよ、お客さんを…怒らせてしまうと思う

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る