ふうわるう

【標準語】悪しざまに

【品詞】形容動詞

【意味等】悪意を持って、事実より悪く

【参考】ふう(ありさま)+わるう(悪く)→ありさまを悪く、悪しざまに

【関連】
・福岡でも糸島地域でよく使われているので、糸島弁と類推される
・他地域に「ふうがわるい」という言葉があるが「格好悪い」の意で、別の言葉である

【用例】

・おばしゃんの、俺が…息子ばひきそざしよう思うて、訪ねたらフウワルウ…うてあいなあ
 →おばさんが、俺が…息子を不良に誘い込むと思って、訪ねたら悪し様に…対応するんだ

・酔いとうな好かんでちゃ…うちゃあ客商売ばしようけん、そえんフウワルウ…しなんな
 →酔っぱらいは嫌いでも…うちは客商売をしてるから、そんなにつれなく…しちゃダメ

●「ふうわるう」を使った言葉

ふうわるういう

【標準語】悪しざまに罵る

【品詞】体詞

【意味等】悪意を持って悪く言う、口ぎたなく悪口をいう

【参考】ふうわるう(悪しざまに)+いう(言う)→悪しざまに罵る

【類義】ふうぎわるういう→あてつけがましく言う

【用例】

・ああた…部下い嫌われとうが、飲み屋であんたん事ば…えらいフウワルウイイよったが
 →あなた…部下に嫌われてるぞ、飲み屋であなたの事を…すごく口汚く罵っていたぞ

・俺っちゃ…一生懸命しようっちゃけん、そえんフウワルウイワンっちゃ…よかろうもん
 →俺も…一生懸命してるんだから、そんなに悪しざまに言わなくたって…いいだろ

・奥さんの…ああたんことばフウワルウイウテ回りよんなぁが、喧嘩かなんかしたと?
 →奥さんが…あなたのことを悪意を持ってふれ回っているけど、喧嘩か何かしたの?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
上:「テツヤ?あいつは馬鹿だ」
  「まあまあ、やめなさいよ…欠席者のことを、悪く言わないでよ」
  「ですよねぇ…」

下:「何だって…タカノリ~?あいつは最近、生意気なようだな…」
  「ここだけの話、タカノリさんが“馬鹿だ”と言って…」
  「あまりにもひどかったので、ハナマルさんが止められて…ううっ」
  「ゴリさん、止めなよ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る