ふう

【標準語】様子

【品詞】名詞

【意味等】ありさま、具合、機嫌、状況

【参考】語源は「風(ふう)」に由来する

【関連】「ふう」を使った言葉

(1)ふうがじん(風雅人)

《意味》趣味に生きる人、変わり者

《用例》「ご隠居さんな…フウガジンやけん、いっつも…ようわからん絵ば描きよんなあ」
 →「ご隠居さんは…趣味人だから、いつも…よくわからない絵を描いているよ」

(2)ふうぎ(風儀)

《意味》評判、うわさ

《用例》「ああたんがたの…がめのは饅頭くさ、おいしかいうて…えらいフウギのよか」
 →「あなたんちの…米粉饅頭だけど、おいしいって…たいそう評判がいいよ」

(3)ふうぎわるう(風儀悪う)

《意味》あてつけがましく、ぶつぶつと不満を言う

《用例》「いくら…はらかいとうけんって、そえん…フウギワルウ言わんちゃよかろうもん」
 →「いくら…怒ってるからって、そんなに…あてつけがましく言わなくてもいいだろう」

(4)ふうわるう(風悪う)

《意味》悪しざまに、悪意を持って

《用例》「ああた…部下い嫌われとうが、みんな…あんたんことば…フウワルウ言いよるが」
 →「あなた…部下に嫌われてるよ、みんな…あなたのこと…を悪しざまに言っているよ」

【用例】「ふう」を使った言い回し

・「入院したが…どんかフウ?」→「入院したけれど…どんな具合?」

・「事故現場は…どえなフウ?」→「事故現場は…どのような状況?」

・「フウの悪かごたあ…うてあいなんな」→「機嫌が悪そうだ…相手にするな」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
真面目そうだが、風俗好き
「お母さんは、どんな様子?」
「すごく、機嫌が悪いけど、何かあったの?」
「怖いよ…ひどく…怒っているよ」
「こんな有様…クソ亭主め…」
ご主人へ…エッチなお店の請求書
先月のご利用回数12回…600,000円

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る