ふとか

【標準語】大きい、歳上

【品詞】形容詞、名詞

【意味等】

(1)おおきいの「ふとか」

《意味》大きい、太い、多い、大変

《用例》

・北海道から…カニば送ってきたが、値段もよかったが…えらいフトカ
 →北海道から…カニを送ってきたけど、値段も高かったけれど…すごく大きい

・フトカぜんしかなかけん…立替ちゃれ?おまやあ、そえん言うて…いっつも払いめえが
 →万札しかないので…立替えてくれ?お前は、そう言って…いつも払わないだろうが

(2)歳上の「ふとか」

《意味》歳上、上級生、年長

《用例》

・同級生やなか、若うしとんなあが…あの人ぁ、俺より…えらいフトカ
 →同級生じゃないよ、若くしているけど…あの人は、俺より…ずいぶん歳上だ

・あっちゃあ…姉さん女房たい、嫁さんの方が…7つもフトカけん、尻い敷かれとんなあ
 →あちらは…姉さん女房だ、奥さんの方が…7つも歳上なので、尻に敷かれているよ

●「ふとか」を使った言葉

(1)「ふとかひと」→大人

《意味》大人、成人

《参考》ふとか(年長)+ひと(者)→大人

《同義》おせ、ふとかひと

《用例》

・おまやあ…つぁーらん、フトカヒトやなからなあ…エッチか動画な観たらいかんとぜ
 →お前は…駄目だ、大人じゃなければ、エッチな動画は観てはいけないんだよ

・この遊園地な…フトカヒトと一緒やなからなあ、子どもだけやったら…入られん
 →この遊園地は…大人と一緒じゃないと、子どもだけなら…入れません

(2)「ふとかめ」→ひどい目

《意味》ひどい目、残酷な体験、むごい体験

《参考》ふとか(大きな・大変な)+め(体験)→ひどい目

《用例》

・家い入った…ぬすとの、家族い見つかって、居直って…暴れて、フトカメいおうた
 →家に入った…泥棒が、家族に見つかって、居直って…暴れて、ひどい目に遭った

・コロナで…店な開けられん、開けても…客な来ん、こまか店な…フトカメい遭いよう
 →コロナで…店は開けれない、開けても…客は来ん、小さな店は…ひどい目に遭っている

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「成人じゃないと…貸してもらえない…DVDかい?」
「兄ちゃんが…借りてきたんだ…」
「でかしたぞ…親友!」
「は、早く…観ようよ!」(エッチなDVD)

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る