ぶり

【標準語】裸

【品詞】名詞

【意味等】裸、産まれたままの姿

【同義】ぶり、ぶりしゃん

【参考】ぶり(裸)+しゃん(さん:敬称)→裸ん坊

【用例】

・子どもんときゃあ…夏いなったら、ようブリいなって…川で泳ぎよった
 →子供の時は…夏になったら、よく真っ裸になって…川で泳いでいた

・「あらあ…のぼいとうけん、ブリい…なしょうへ」「やめときない、そらあ…いじめやが」
 →「あいつ…横着だから、真っ裸に…しちゃおうぜ」「やめなよ、それは…いじめだよ」

・今日な…えらい蒸し暑かけん、兄弟で…ブリシャンいなって、水遊びば…しよんなる
 →今日は…とても蒸し暑いので、兄弟で…裸ん坊になって、水遊びを…しているよ

●関連することば

ぶちん、ぶりきん、ぶりちん

【標準語】男が陰部を露わにしていること

【品詞】名詞

【意味】褌やパンツを着けていない男、ふるちん、「ぶり」に同じ

【同義】ぶちん、ぶりきん、ぶりちん、むっちん

【参考】

・ぶり(裸)+きん・ちん(キンタマ、ちんちん:陰部)
※「ぶちん」は「ぶりちん」の音変異

・むっ(剥く)+ちん

【用例】

・この頃…ブチンいなって、女の子い見せる変態おるけん…不審者いな気ばつけり
 →この頃…陰部を露わにして、女の子に見せる変態がいるので…不審者には気をつけて

・おまやぁ…小学生のとっから、水着い着替えるときゃあ、いっつも…ブリチンいなるねえ
 →おまえは…小学生の頃から、水着に着替えるときは、いつも…ちんこ丸出しになるなあ

・嫌な夢ば見た…締め込みの緩うで、ブリキンいなっしもうて…みんない笑わるるったい
 →嫌な夢を見た…締め込みが緩んで、キンタマが丸出しになって、みんなに笑われるんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る