ぼぼ

【標準語】性行為、女性器

【品詞】名詞

【意味等】

(1)性行為の「ぼぼ」

《意味》セックス、性交、交尾、男女が交接すること、まぐわうこと

《用例》

・東京ラブストーリーで「かんち、ボボしょう!」って言いなったときいな…興奮したばい
 →東京ラブストーリーで「かんち、セックスしよ!」って言ったときには…興奮しちゃった

・あらあ変態やなかや?おうたら「ボボしたか」が口癖…そればっかし考えとうっちゃろうね
 →あいつ変態じゃないの?会ったら「セックスしたい」が口癖…そればかり考えてるんだろうな

・寂しなかとこい車のおるけん「何かいな」ってようと見たら、ボボしよんなあ…たまがったや
 →寂しいところに車がいるので「何だろう」とよく見たら、セックスしている…びっくりしたよ

(2)女性器の「ぼぼ」

《意味》女陰、人の女性の生殖器

《同義》ぼぼ、めめこ、めめさん

《用例》

・なんや?…ボボやらの無修正のエッチか画像や?うわぁ~いやらっさ…俺いも見しちゃり
 →何だと?…女性器などが無修正のエッチな画像だと?うわぁ~いやらしい…俺にも見せてくれ

・中学生んときい、友達い無修正のエロ本で…初めとボボば見て、えらいショックやった
 →中学生のときに、友達に無修正のエロ本で…初めて女陰を見て、とてもショックだった

【参考】由来は古語の「ぼぼ」で同じ意味

【関連】古語の「ぼぼ」について

・「日葡辞書」(1603)にも掲載、当時は女性器の幼児語としても使われていたらしい
・由来は「産子(おぼこ)」の説もあり、東北地方を中心に「赤ん坊」の意が強い

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「僕と…セックスしようよ」
「変態」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る