たいそ、たいそう

【標準語】たくさん、はなはだしく

【品詞】副詞

【意味】

(1)「たくさん」のたいそ

《意味》多く、いっぱい

《同義》たいそ、たいそう、ようけ、ようけえ

《用例》

・ああたん会社な大企業やけん、ボーナスなタイソ出たっちゃろ?よかねえ
 →あなたの会社は大企業だから、ボーナスがいっぱい出たんでしょ?いいなあ

・宝くじい当たったげなねえ…1000万円?噓やろ、そえんタイソウ当たったと?
 →宝くじに当たったそうだね…1000万円?噓でしょ、そんなたくさん当たったの?

・あっちゃあ…タイソ子供のおらっしゃあけん、いっつも賑やかしゅうしとらっしゃる
 →あちらは…たくさん子供がいるので、いつも賑やかにしていらっしゃる

(2)「はなはだしい」のたいそ

《意味》たいへん、非常に、とても

《同義》たいそ、たいそう

《用例》

・あんた、彼氏ば振ったっちゃろ?彼氏なタイソ落ち込うで、泣きよんなったごたあよ
 →あなた、彼氏を振ったんでしょ?彼氏がひどく落ち込んで、泣いていたみたいだったよ

・忙しかとい、わざわざお見舞いい来てもろうて…爺さんのタイソウ喜びよんしゃった
 →忙しいのに、わざわざお見舞いに来ていただいて…爺さんもとても喜んでいました

・おまやぁ…先輩い何ば言うたとや?タイソウはらかいて…くらすって言いよんなったぜ
 →お前は…先輩に何を言ったんだ?とても怒ってて…ぶん殴るって言ってたぞ

【参考】由来は「大層(たいそう)」の音変異

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
・たいそう1
「女子からチョコをもらった」
「まあ…たくさん」
「俺はモテなかったのに…本当に俺の子供なのか?」
・たいそう2
「どうしちゃったの?」
「ひどく気落ちしている…フラれたそうな」
「ぐぐっ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)