よいちくれ、よいとう

【標準語】酔っ払い

【品詞】名詞

【意味等】酔っ払った人、ひどく酒に酔った人、酔いどれ、酩酊状態の人

【同義】よいちくれ、よいとう

【参考】

・「よいちくれ」の由来は「酔いたくれ(酔い+たくれる)」の音変異
・「よいとう」の由来は不明、「酔い人(よいと)」や「酔いたくれ」の音変異説がある

【類義】よいくらう(酔っ払う)

【参考】「よいとう」を使った言葉

(1)よいとうされ

《意味》酔っ払い野郎、「よいちくれ」「よいとう」に同じだが卑下した言い方

《参考》由来は不明、よいとう(酔っ払い)+され(さるく:うろうろする)?

《用例》

・あらあ、酒いだめしかけん…ヨイトウサレいなったら、酔狂まわすとぜ
 →あいつは、酒に卑しいから…酔っ払いになったら、酒癖が悪く手が付けられないんだ

・どこのヨイトウサレな?アパートの階段で酔い食ろうて…寝っしもうて、いごきなれん
 →どこの酔っ払いだ?アパートの階段で酩酊状態で…眠ってしまって、動かないんだ

【用例】

・あたきゃあヨイチクレな、好かん…ぐぜぐぜ言うて、どこいっちゃ立ちションしなあもん
 →私は酔っ払いは、嫌い…ぐずぐずとくだを巻いて、どこにでも立小便をするんだもの

・無口で大人しか人と思うとったら、ヨイチクレたら…ようしゃべんなあ、おかあしか人やった
 →無口で大人しい人だと思っていたけど、酔っ払ったら…よくしゃべるんだ、面白い人だった

・年末年始な…忘年会やら新年会やらで、なかずの夜な…ヨイトウだらけ、たいそ歩きよんなあ
 →年末年始は…忘年会や新年会などで、中洲の夜は…酔っ払いだらけ、たくさん歩いているよ

・なかずで飲みよったら、どっかのヨイトウの那珂川い落てて…救急車やら来ておおごとやった
 →中洲で飲んでいたら、どこかの酔っ払いが那珂川に落ちて…救急車などが来て一騒動だった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】

《よいちくれ》
「じゃあ…帰ろう…」
「あのお客さん、すごく酔ってる」
「酔っ払いだもの」

《よいとう》
「オエエ…エエ…ゲロゲロゲロ」
「うわあ~店の前で…ゲロを吐いちゃっているよ」
「酔っ払いだねぇ」

《よいとうされ》
「はぐはぐ…オエエエ…もぐもぐ…ゲロロロ…」
「嘘でしょ!吐いたゲロを食べてるよ」
「酔っ払い…嫌~い」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)