あおぐ、あふる

【標準語】動悸がする

【品詞】動詞

【意味】

・鼓動が強くなる、鼓動が激しくなる、ドキドキする

・主に緊張などで動悸が激しくなるときに使う

【同義】あおぐ、あふる

【参考】

・由来は「あおぐ(扇ぐ)」や「あおる(煽る)」で感情をかき乱す意で使われる

・「心臓の~」や「胸の~」などのことばに接続し、動悸をが激しいことを主張する

【用例】

・おらあ…話すとの上手うなかけん、プレゼンするときゃ…いっつも緊張で心臓のアオグ
 →俺は、話すのが上手くないから、プレゼンするときは、いつも緊張で胸がドキドキする

・具合の悪うして…胸のアフル、心臓の悪か家系やけん…心筋梗塞いなりよりめえか
 →体調が悪くて…胸が苦しい、心臓が悪い家系なので…心筋梗塞になってないだろうか

・生徒会の薬院さん…愛らしかね、話しかけられたんだ心臓のアオグ…一目惚れかいな?
 →生徒会の薬院さん…可愛いねえ、話しかけられたら動悸がする…一目惚れかなあ?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
“嫌い”って言われたら、どうしよう…ああ、もう、心臓がドキドキする

■TOP画面に戻る
「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)