いたらん、ひんずい

【標準語】余計な

【品詞】形容動詞

【意味】必要でない、余計な、いらない、邪魔な、迷惑な

【同義】いたらん、いらん、ひんずい

【参考】ことばの由来

・「いたらん」:由来は「至らぬ」、不十分であることの意
・「いらん」:由来は「要らぬ」、必要ないの意
・「ひんずい」:由来は京ことばの「平頭(ひんず)」、予期しないの意、語源は不明

【関連】見出しの語彙を使った言葉

(1)いたらんこと、いらんこと、ひんずいこと

《意味》不要なこと、余計なこと、要らないこと

《参考》いたらん・いらん・ひんずな(余計な)+こと(事)→余計なこと

《用例》
・わがひとりの力で…問題ば解きようとい、イタランコト…答えば言いなんな
→自分ひとりの力で…問題を解いているのに、必要ないのに…答えを言うなよ
・わっか娘が、あんか男い…イランコトうてあいなんな、ひきそざさるるばい
 →若い娘が、あんな男に…必要ないのに相手にするなよ、不良の道に引っ張り込まれるぞ
・コロナ禍で…商売のやおいかんとい、お礼ば包むやら…ヒンズイコッタイ
→コロナ禍で…商売が大変なのに、謝金を持参するなんて…余計なことだ

(2)いたらんもん、いらんもん、ひんずなもの

《意味》必要でないもの、余計なもの、いらないもの、邪魔者、疎まれる者

《参考》いたらん・いらん・ひんずな(余計な)+もん・もの(物・者)→余計なもの

《用例》
・あんたい…宅配便の来とったばい、まーた、イタランモンば…買うたっちゃなかな?
 →あなたに…宅配便が来てたわよ、また、余計なものを…買ったんじゃないの?
・おらあ…上司ぜ、好かんけんって…イランモン扱いしたら、こなすぞ
 →俺は…上司だぞ、嫌いだからって…邪魔者扱いにしたら、いじめてやるぞ
・昔の金庫ば開けたんだあ、ぜんにならん書類やら…ヒンズナモンしか入っとらんやった
 →昔の金庫を開けてみたら、金にならない書類など…いらないものしか入ってなかった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る