しりのおんたか、しりのぬくもる、ねだおとし

【標準語】長座する

【品詞】動詞

【意味】長尻

【同義】しりのおんたか、しりのぬくもる、ねだおとし

【参考】
・しりのおんたか:長尻の人は「尻が重たい」
・しりのぬくもる:長く座っているので「尻が温もる」
・ねだおとし:あまりにも長尻なので「根太が腐って落ちる」

【用例】
・あのおいしゃんな、酔うたらグゼグゼ言うてシリノオンタカっちゃん…うだんしか
 →あのおじさんは、酔ったらグダグダくだを巻いて、長座しちゃうんだ…ああ嫌だ
・1杯だけ飲んで、シリノヌクモランうちい次い行きなった。はしご酒ば好いとんなあねえ
 →1杯だけ飲んで、長座せずに次のお店に行っちゃった、はしご酒が好きなんだねえ
・シリノオンタカおいしゃんって思われんごと、シリノヌクモランうちい…おいとましょう
 →長尻のおじさんと思われないように、長座にならないうちに…おいとましましょう
・あら、もう午前0時…飲うで時間の分らんごとなって、ネダオトシしてすんまっせん
 →あら、もう午前0時…飲んで時間がわからなくなって、長尻してすみません

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「なあー!もう帰ろうよ」「なははは、まだ飲み足らんぞ」「まだ、帰られないの?」「あんなのを自宅に呼ぶからよ」「もう…本当に酔っぱらいは汚らしい!」「スマン…あの叔父さんは、長尻なんだ」

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る