そざす

【標準語】誤る、壊す

【品詞】動詞

【意味】
1)「誤る」のそざす
《意味》仕損じる、しそこなう、間違える
《参考》「動詞+そざす」といった使い方をする
《同義》~そこのう、~そこ間違う、~そざす
《用例》
・書きソザイた官製はがきな、郵便局で5円で新品に変えちゃんなあとぜ
 →書き損じた官製はがきは、郵便局で5円で新品に変えてくれるんだぜ
・乾杯の音頭で…あがっしもうて、乾杯ば万歳って言いソザイテ…あこうなったや
 →乾杯の音頭で…緊張してしまって、乾杯を万歳と言いそこなって…恥かいちゃったよ

2)「壊す」のそざす
《意味》壊す、駄目にする、狂わせる、破る
《用例》
・こらあ…たっかカメラばい。あんたい貸いたらソザソウごたるけん…貸されん
 →これは…高いカメラだよ。あんたに貸したら壊しそうだから…貸せない
・爪砥ぎで…柱やら、ふすまやら、たんすやらソザイテしまうけん、ネコな飼われん
 →爪砥ぎで…柱やふすま、たんすなどをダメにしてしまうから、ネコは飼えない
・パソコンしながらコーヒー飲みなんな。この前…こぼいて1台ソザイタばっかりやろうが
 →パソコンしながらコーヒー飲むなよ。この前…こぼして1台壊したばかりでしょうが

【参考】語源は古語の「損ざす(損ずる、傷める)」で、国内の広範囲で使われている方言

【関連】「そざす」の活用
1)そずる、そぜる:受動的な活用
《意味》壊れる、駄目になる、狂う、破れる
《参考》身体や機械などの一部に異常が起こって働きが損なわれること
《用例》「バーンって、そえん強う閉めなんな…優しゅう閉めない、ドアのソズルたい」
 →「バーンと、そんなに強く閉めないで…優しく締めなさい、ドアが壊れるよ」

2)そぜた:1)の過去形
《意味》壊れた、駄目になった、狂った、破った
《用例》「ディスカウントショップで買うたズボンのファスナーのゾゼタ…安もんないかん」
 →「ディスカウントショップで買ったズボンのファスナーが壊れた…安物はいかん」

3)そぜとう:1)の状況説明
《意味》壊れている、破れている、故障している、狂っている
《用例》「おかあしかと思うとったら、腕時計のソゼトウ」
 →「おかしいと思ったら、腕時計が狂っている」

4)「そざす」を使った言葉:ひきそざす
《意味》誘って悪仲間に加える、真面目な人を不良仲間に引き入れる
《参考》ひき(引き込んで)+そざす(駄目にする)→誘って悪仲間に加える、誘惑する
《用例》「酒ば飲まいて、夜遅うまで連れ回いて…娘ばヒキソザサンどっちゃらん」
 →「酒を飲ませて、夜遅くまで連れ回して…娘を不良に引き入れないでくれないか」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
両親「あーっ、やめて~」子ども「くきゃきゃ…あうあうバブブ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る