なあす、なおす、なわす

【標準語】直す、治す

【品詞】動詞

【意味】
(1)かたづけるの「なおす」
《意味》片付ける、仕舞う、始末する
《参考》語源は古語の「直す(なほす)」で元どおりにするの意
《関連》福岡を中心に西日本の限定地域の方言なので、関東では通じない
《用例》
・部屋ば片付けやい…大事なもんなナアイとかなあ…うさかいたっておおごとしょうが
 →部屋を片付けろ…大事なものは仕舞っとかないと…無くしたって大騒ぎするだろうが
・お年玉ばもろうたって?なら、母ちゃんが預かって…ナオイとっちゃろう
 →お年玉をもらったって?じゃあ、母ちゃんが預かって…仕舞っといてあげよう
・たんたん飲おで、動っきらんや…御免ばってん、食器やら鍋やらナワイとって
 →お酒を飲んで、動けないや…悪いけど、食器や鍋なんかを片付けておいて

(2)修繕するの「なおす」
《意味》修繕する、元に戻す
《参考》語源は(1)と同じ、「修繕する」の意味ではおおむね全国で使われている
《用例》
・自分でナアシきいって言うて、カメラば分解しよんなあが…無理ばい、そざしなあが
 →自分で修繕できると言って、カメラを分解してるけど…無理だよ、壊してしまうぞ
・雨漏りばナオスけんって…屋根い上ったが、高うして、えずうして動かれんごとなった
 →雨漏りを修繕するって、屋根に上ったが、高くて、怖くて動けなくなってしまった
・クリックしたら、データのおかしゅうなったごたあ…ああた、詳しかけんナワイとって
 →クリックしたら、データが変になったみたい…あなた、詳しいから元に戻しておいて

(3)治療するの「なおす」
《意味》治療する、病気を治す
《参考》語源は古語の「治す(ぢす)」で治療するの意。おおむね全国で使われている
《用例》
・ひょくっと…目の見えんごとなったりする?そらぁ…早よ病院い行て、ナアイたがよかよ
 →突然、目が見えなくなったりする?そりゃあ…早く病院に行って、治療したがいいよ
・歯並びばナオシい歯医者い行た…針金で歯ば固定して、ロボットんごたあ顔いなった
 →歯並びの矯正に歯医者に行った…針金で歯を固定して、ロボットのような顔になった
・天才外科医やけん、脳腫瘍っちゃなんちゃナワス…ブラック・ジャック先生なすごかと
 →天才外科医なので、脳腫瘍でも何でも治す…ブラック・ジャック先生はすごいんだ

【同義】なあす、なおす、なわす

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
①しばらく使わないので、仕舞っておこう…
②故障しているようだ…できそうなので、修理しておこう…
③脳腫瘍ができている…このままじゃ死んでしまっちゃう。治療しておこう…

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る