~ばい、~ばな

【標準語】~ぞ

【品詞】助詞

【意味等】~よ、~だよ

【参考】文末にあって軽く念をおすような詠嘆を表す、強調する接尾語
・断定や詠嘆のニュアンスがある「~は(終助詞)」が転じたもの
・文末に用いて強い詠嘆の意を表す「~はや(古語)」が転じたもの

【同義】~ばい、~ばな

【類義】~たい、~たな

《意味》~だよ、~だ、~だよ、~ぞ、~さ

《参考》文末にあって軽く念を押す・判断をするような気持を示す、語源は古語「たり」

《関連》「~たい、~たな」と「~ばい、~ばな」はよく似た言葉

《用例》話す相手との関係性によって使い分けられる
・~たい、~たな:相手により強い印象を与える、念を押すときに使う
「そんくらい、知っとうタイ」→「そのくらい、知ってるぞ」:上から目線
・~ばい、~ばな:相手に軟らかな印象を与える、詠嘆を添えるときに使う
「そんくらい、知っとうバイ」→「そのくらい、知ってるよ」:下から目線
・「~たい」より「~たな」、「~ばい」より「~ばな」の方がやや強い表現

【関連】「~ばい」を使った言葉:~ばいな

《意味》~だそうな、~だよ(推量)

《参考》「~ばい」の想定、根拠や理由のある推量を表す

《用例》「準決勝で世界ランキング1位に勝ったとなら…日本が金メダルば取るバイナ」
 →「準決勝で世界ランキング1位に勝ったんなら…日本が金メダルを取るよ」

【用例】
・喧嘩のいきさつな俺も知っとうバイ…旦那も悪かばってん、ああたもようなかバイ
 →喧嘩のいきさつは俺も知ってるよ…旦那も悪いけれど、あなたもよくないよ
・走りぐっちょうな俺がいつも1番タナ…もちろん俺より速かとやら、誰もおらんバナ…
 →かけっこは俺がいつも1番だよ…もちろん俺より速いやつなんて、誰もいないよ…
・俺んがたのイチゴバナ…んまかろ?JAの品評会い出いたら…金賞やったとタイ
 →俺んちのイチゴだよ…うまいだろ?JAの品評会に出したら…金賞だったんだぞ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
「中洲君は、私の…彼だよ!」
「いいや!私の彼ですよ!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る