はしかか

【標準語】刺々しい

【品詞】形容詞

【意味等】喧嘩ごしの、小骨が多い

1)「喧嘩ごしの」のはしかか

《意味》角の立った性格、刺々しい感情、余裕のない様

《用例》
・可哀そかばってが、あいつなハシカカけん…みんない嫌われとうっちゃん
 →可愛そうだけど、あいつは角の立った性格なので…みんなに嫌われているん
・また…あれが会議でいたらんことば言い出いて、紛糾したと?ハシカカやつやねえ
 →また…あいつが会議で余計なことを言い出して、紛糾したの?攻撃的なやつだなあ

2)「小骨が多い」のはしかか

《意味》食べ辛いほど小骨が多い、小骨が多くて食べるのが面倒臭い

《用例》
・コノシロなハシカカけん、こえんもろうたっちゃ…料理きらんが…
 →コノシロは小骨が多いので、こんなにもらっても…調理できないよ…
・ハシカカばってが、おらあ…肉より魚の方が好いとう
 →骨があって食べ辛いけど、俺は…肉より魚の方が好きだ

【参考】
・はしか(チクチクする)+か(い:形容詞)→はしかい、刺々しく不快
・「はしか」は芒(のぎ、はしか:稲や麦などの果実の先にある針のような毛)のこと
・チクチクした不快な触感がするため、刺々しいや意地悪などの意がある

【関連】「はしか」を使った言葉:はしかいん

《意味》狂犬病の犬、意地悪な犬、喧嘩好きの男(咬みつく(喧嘩を吹っかける)人)

《用例》
・よだれば垂らいて痙攣しよる、ハシカインばい…咬まるるけん近づかんと
 →よだれを垂らして痙攣してる、狂犬病の犬だ…咬まれるので近づかないで
・あんたんがたのいんな…あたきいばっかし吠えかかると、ハシカインやもん
 →君んちの犬は…私にばかり吠えかかるんだ、意地の悪い犬だよ
・なんか言うたら…因縁ばつけてきなあ、ハシカインやけん…うてやわれん
 →何か言ったら…因縁をつけてくるんだ、喧嘩っ早い人なので…相手にできない

《同義》はしかいん、はじかいん

《参考》はしか(刺々しい)+いん(犬)→狂犬病の犬、すぐ咬みついてくる人

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①「この若僧が…人を年寄り扱いして…何か言ってみろ」
 「あっ!いや…そんなつもりじゃありません」
 「座席を譲ってあげているんでしょうが…本当に、角のある爺さんだ…」
②「小アジをたくさん頂いたんだけど…小骨が多くて食べにくいので…南蛮漬けにしてみた」
 「うまいね~!お酒が飲みたくなる!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る