ひさしかぶり

【標準語】久しぶり

【品詞】形容動詞

【意味等】長い間起こらなかったこと・会わなかったこと、ひさかたぶり、しばらくぶり

【参考】以前に経験してから、再び経験するまでに長い日数が過ぎている様

【関連】博多弁らしい言い回し、ひさしか(久しい)+ぶり(振り)→久し振り

【用例】
・このごらあ…結婚式やら呼ばれんけん、フランス料理やら…ヒサシカブリい食うたや
 →最近は…結婚式なんて呼ばれないので、フランス料理なんて…ひさしぶりに食ったよ
・ああたと会うたあ…ヒサシカブリやねえ、中学校の卒業式が最後やけん…50年振りたい
 →あなたと会うのは…久方ぶりだねえ、中学校の卒業式が最後だから…50年振りだよ
・昔、付き合いよった2人が…ヒサシカブリい同窓会でおうて、恋い落てて…不倫げな
 →昔、付き合っていた2人が…久し振りに同窓会で会って、恋に落ちて…不倫だそうだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
「うおお~っ…鉄男!久し振りだなあ…!中学校以来だなあ…!」
「うおーっ、久し振り…わはは…」
(こいつ、誰だったかなあ?それに…俺、鉄男じゃないんだけど)

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る