ひっちゃんがっちゃん

【標準語】めちゃくちゃ、食い違い

【品詞】形容動詞

【意味等】ひっちゃかめっちゃか

(1)めちゃくちゃの「ひっちゃんがっちゃん」

《意味》物事が入り乱れている様、混乱した様子、ぐちゃぐちゃ、大破した状況

《用例》
・コンビニい車の突っ込んで…店なヒッチャンガッチャン、よう死人の出んやったねえ
 →コンビニに車が突っ込んで…お店は大破、よく死亡者が出なかったもんだ
・おかあしか男の…電車ん中で刃物ば振り回いて、車内なヒッチャンガッチャン…大事たい
 →不審な男が…電車の中で刃物を振り回して、車内は大混乱…大変な事態だ
・レストランでウエイターのこけなって、ごっつおなヒッチャンガッチャン…もったいなか
 →レストランでウエイターが転倒して、ご馳走がぐちゃぐちゃ…もったいない

(2)食い違いの「ひっちゃんがっちゃん」

《意味》主張が食い違うこと、

《用例》
・どっちが悪かか…言いよう事のヒッチャンガッチャン、裁判で決着つけらな…しょんなか
 →どちらが悪いのか…主張に食い違いがある、裁判で決着つけないと…仕方がない
・地域医療ば充実させて、健康保険税な下げるげなが…ヒッチャンガッチャンやなかや?
 →地域医療ば充実させて、健康保険税な下げるそうだが…矛盾していないか?
・あの人ぁ…言いよう事としようことのヒッチャンガッチャンやけん、人望のなかろうが
 →あの人は…主張と行動とが一致しないので、人望がないんだ

【参考】語源は不明で諸説ある
・その1:「ひっちゃかめっちゃか」の音変異
・その2:ひっちゃん(演奏が難しい奈良時代の弦楽器「ちいちゃか;弛衣茶伽」)+がっちゃん(硬い物がぶつかったり割れるときの擬音)→めちゃくちゃ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る