ぶくしゅうがき、ぶっかん

【標準語】熟し柿

【品詞】名詞

【意味等】木になったまま熟したカキ、熟してぐじゅぐじゅに柔らかくなったカキ

【同義】ぶくしゅうがき、ぶっかん

【参考】ことばの語源また由来は不明、糸島弁

【関連】熟し柿は、甘柿より渋柿の方が美味しいらしいです

【用例】

・年寄り婆しゃんな…歯のなかけん、硬かとより…ブクシュウガキの方が好いとんなあ
 →年寄りのお婆ちゃんは…歯がないから、硬いのより…熟し柿の方が好きなんだ

・こえん遅うまで…えらい酔っ払うて、腐れブッカンのごと赤うなって…うらんしか
 →こんな遅くまで…ひどく酔っ払って、腐れた熟し柿みたいに赤くなって…だらしない

・上の方の実な鳥んとやけん…ちぎらんと、ブッカンいなったら…メジロやら食いい来ると
 →上の方の実は鳥のだから…もがないで、熟し柿になったら…メジロなど食べに来るよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「私は歯が無いので、熟し柿が一番好きだ」

【翻訳】
「亭主1号…ただいま、帰宅しました…」
「まあっ、こんなに酔っ払っちゃって…」
「腐れた熟し柿のように赤くなって…だらしない!みっともないことだ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る