へちくずす、へちくやす、へちくりがやす


【標準語】邪魔をする、物事をダメにする

【品詞】動詞

【意味等】

(1)邪魔をするの「へちくずす」

《意味》難癖をつける、他人の仕事の邪魔をする

《用例》

・うちゃあヤクザぜ…みかじめ料ば払わん店いな、わっかとば使うてヘチクズイテきやい
 →うちはヤクザだ…みかじめ料を払わない店には、若いのを使って営業を邪魔してこい

・ヘチクリガヤソウって、わっかヤクザの暴れようが…警察ば呼べ、おかしかぜんな出さん
 →営業を邪魔しようと、若いヤクザが暴れているけど…警察を呼べ、変なお金は出さん

(2)物事をダメにするの「へちくずす」

《意味》計画などを台無しにする、ぶち壊す

《用例》

・マスコミな、言いたか言いのこきたかこきして…コロナ対策ばヘチクズスつもりかいな?
 →マスコミは、無責任に言いたい放題をして…コロナ対策を台無しにするつもりかな?

・環境ば壊すごたあ計画いな反対やけん、説明会でヘチクヤイて…白紙撤回さしちゃあ
 →環境を壊すような計画には反対なので、説明会で難癖つけて…白紙撤回にさせてやる

【同義】へちくずす、へちくやす、へちくりがやす

【参考】計画などに対し外野が難癖をつけること、その結果、計画などがダメになること

・へちくずす:へち(辺、端)+くずす(崩す)

・へちくやす:へち(辺、端)+くやす(壊す)

・へちくりがやす:へち(辺、端)+くりがやす(ひっくり返す)

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「へ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
へちくずす①
「お願い…しないで(やめて)」

へちくずす②
「建設反対」
(何でもかんでも…反対だから)
「こんな計画なんか…撤回させてやる」
(環境破壊は許さんぞ!絶対反対…)

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「へ」の索引に戻る