なんこむ、ほたりこむ

【標準語】投げ込む

【品詞】動詞

【意味等】投げ込む、投げ入れる、放り込む、放り入れる

【同義】なんこむ、ほたりこむ

【参考】

・「なんこむ」:なん(投げる)+こむ(込む)→投げ込む
・「ほたりこむ」:ほたり(放り)+こむ(込む)→放り込む

【用例】

・溜池い石ばナンコンであすぶとのおって、困っとります。学校で注意ばしちゃんなっせい。
 →種池に石を投げ込んで遊ぶのがいて、困っています。学校で注意をして頂けませんか。

・ライギョばとんまえて…池いホタリコンどったら。メダカのそうよう食われっしもうた
 →ライギョを捕まえて…池に放り込んでいたら、メダカが全部食べられてしまった

・「今年、露出狂のおいしゃん…見らんねえ」「覗きで、刑務所いホタリコマレとんなあげな」
 →「今年、露出狂の小父さん…見ないね」「覗きで、刑務所に拘留されているそうだよ」

・ばかちん…井戸い石やらナンコンダら、水神様の祟りのあるけん…絶対、もうせんとばい
 →馬鹿者…井戸に石など投げ込んだら、水神様の祟りがあるので…絶対、もうしないでね

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「木こりさん!あなたが投げ入れたのは…金の斧?銀の斧?それとも…私の頭の鉄の斧?」
「ひえええ…ごめ~ん…許してください!命だけは…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る