ほにょっと、やっとかっと

【標準語】かろうじて

【品詞】副詞

【意味等】ようやく、なんとか、やっとのことで、どうにかこうにか、わずかに、ぎりぎり

【同義】ほにょっと、ほにょって、やっとかっと、やっとこっと

【参考】

(1)「ほにょっと、ほにょって」の由来

・福岡県の北部及び出雲を中心とした島根県で使われる、由来は不明
・福岡には「ほにょる」と言う方言もあり、疲れるという意味
・「ほにょって、ほにょっと」は「骨を折って」の音変異と思われる

(2)「やっとかっと、やっとこっと」の由来

・九州を中心に使われる方言、富山でも同じ意味で使われる
・由来は不明だが「やっと(やっとこさ)+かっと・こっと(調子づけで意味なし)」と思われる

【用例】

・九大やら気易かった?なんてや?塾やら家庭教師やら…ぜんかけて、ホニョッテ通ったくせい
 →九大なんて簡単だった?何だと?塾や家庭教師など…お金をかけて、やっと合格したくせに

・寝坊したもんやけん、朝飯も食わんで…自転車ばぶっ飛ばいて、ホニョット遅刻せんですんだ
 →寝坊したものだから、朝食も食べずに…自転車をぶっ飛ばして、かろうじて遅刻せずにすんだ

・大盛ば頼うだが、えらい量の多か…残いたら罰金ば取らるるげなけん、ヤットカット食うた
 →大盛を頼んだけど、すごく量が多い…残したら罰金を取られるそうなので、なんとか食べた

・電車の遅れたもんやけん…駅から一所懸命で走たと、それでヤットカット間におうたとよ
 →電車が遅れたものだから…駅から一生懸命に走ったんだ、それでギリギリ間に合ったんだよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①何とか届いた
②ようやく間に合った
③かろうじて勝った

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る