【標準語】運

【品詞】名詞

【意味等】巡り合わせ、運命

【参考】語源は諸説あり

・「神符(しんぷ)」の「符(ふ)」が由来の説
 →神符とは、災難を祓ったり幸福を祈るために、神社や寺が出す護符(お札、お守り)

・「臓腑(ぞうふ)」の「腑(ふ)」が由来の説
 →臓腑とは、身体の中にある臓器(はらわた)、心臓や肺、胃など生命を維持する器官

【関連】「ふ」を使った言葉(九州各地で使われる)

(1)「ふのよか」

《意味》運が良い、巡り合わせが良い

《同義》こうぼうのよか、ふのよか

《参考》符:お札(お守り)の効果がよい、腑:内臓が健康で調子がよい

《用例》

・あの大事故い巻っ込まれて…怪我のひとつもなかやら、ほんに…フノヨカ
 →あの大事故に巻き込まれて…怪我のひとつもないなんて、本当に…運が良い

・空港ば出たら…フノヨウ電車い間におうて、えらいはよう…家い帰ってこられたやなあ
 →空港を出たら…運よく電車に間に合って、すごく早く…帰ってこれたよ

・フノヨカや…「大吉」やが、宝くじい当たるごと、フノヨカなら…もっとよかとばってん
 →運がいいぞ…「大吉」だよ。宝くじに当たるほど、運が良いなら…もっといいんだけど

(2)「ふのわるか」

《意味》運が悪い、巡り合わせが悪い

《同義》こうぼううんのわるか、こうぼうのわるか、ふのわるか

《参考》符:お札(お守り)の効果が悪い、腑:内臓が健康で調子が悪い

《用例》

・新装開店したら…コロナやろ、で…火事で全焼たい。フノワルカって…ありあゃせん
 →新装開店したら…コロナだろ、で…火事で全焼だよ。運が悪いって…この上ない

・最終電車で帰ろうと…駅い来たら、フノワルウ…酔っぱらいい絡まれて、乗られんやった
 →最終電車で帰ろうと…駅に行ったら、運悪く…酔っぱらいに絡まれて、乗れなかった

・フノワルカや…「凶」ばい。フノヨカって言う人もおるが、いっちょん…よかことのなか
 →運が悪い…「凶」だぜ。運が良いって言う人もいるけど、ちっとも…いいことがない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る