なりさがる

【標準語】すがりつく

【品詞】動詞

【意味】すがりつく、生計を頼る、扶養する

【参考】主に経済的に身をゆだねることをいう

【類義】なんかかる

【用例】
・あっちゃあ…嫁の実家の破産して、嫁ごの両親と兄さん夫婦までナリサガットんなるげな
 →あちらは…奥さんの実家が破産して、義父母と義兄夫婦まで面倒を見ているらしい
・子沢山なよかばってん、あの給料で…8人の子どもいナリサガラレたら、やおいきめえ
 →子沢山なのはいいけど、あの給料で…8人の子どもを扶養したら、苦しいだろう
・あの兄ちゃんな…子どもい大人気やけん、公園い行たら…たいそうナリサガッテきなあ
 →あのお兄さんは…子どもに大人気だから、公園に行ったら…大勢がすがりついてくるんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「すまないなあ…息子の失業で、みんな…あなたに面倒見てもらって」「頑張れ!母ちゃん」「わしらは無年金じゃ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る