なんのらっしょうなあ

【標準語】なんのなんの

【品詞】慣用句

【意味】どういたしまして、なんでもありませんよ、そんなことはないですよ

【参考】謝辞に対する返答のことば

【用例】
・ナンノラッショウナア…合格しなさったとは、頑張んなさったけんです
 →なんでもありませんよ…合格されたのは、頑張られたからですよ
・「議員の当選おめでとう」「ナンノラッショウナア…皆さんのおかげですたい」
 →「議員の当選おめでとう」「どういたしまして…皆さんのおかげですよ」
・「ナンノラッショウナア…あたっか女房の美人やら、赤うなろうごたあことば言いなすな」
 →「そんなことはありませんよ…私の女房が美人だなんて、恥ずかしいので言わないで」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「息子さんの結婚が決まって…おめでとうございます!聞いたとこによると、奥さんはミス九州に出るような美人で…しかも九州大学出の才女だそうで…それはもう…うらやましい限りで」「うん、うん、すごい、うん」「そんなことはないですよ…少しばかり、見かけがよいだけですよ(もっと、もっと…褒めて)」「そういうのに、性悪女が多いんですけどね…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る