びんた

【標準語】頬、頭

【品詞】名詞

【意味等】

(1)頬の「びんた」

《意味》鼻と口の両側の耳にまでの部分、ぽっぺた

《同義》びんた、ふうたん、ほおたん、ほおべた、ほおべんた

《用例》
・この赤ちゃんの愛らしかこと…ビンタの赤うして、フヨフヨして軟らかか
 →この赤ちゃんの可愛いこと…ほっぺたが赤くて、フヨフヨして軟らかい
・なんなこらあ…うまかーっ、ホオタンの落ちょうごたあ
 →なんじゃこりゃあ…美味い、ほっぺたが落ちそうだ
・NHKアーカイブスば見て…思うたが、昔の子供な…ホオベエンタの真っ赤々やね
 →NHKアーカイブスを見て…思ったけど、昔の子供は…頬が真っ赤々だね
・聖書い「右のホオベタば打たれたら…左のホオベタば差し出せ」ってやが、痛かろう?
 →聖書に「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」ってだけど、痛いでしょ?

(2)頭の「びんた」

《意味》頭、頭の部分、首

《参考》九州南部(鹿児島)を中心に使われる、「びんたの毛」→「頭髪」など

《用例》
・熱ななかとばってん…朝からビンタん痛か、風邪ばひきかけよるごたあ
 →熱は無いんだけど…朝から頭が痛い、風邪をひきかけているみたいだ
・床屋さんで…ビンタば、ぼうずいしたと?何か…こそうぞうとし過ぎて…おかあしか
 →理髪店で…頭を、丸刈りにしたの?何だか…こざっぱりし過ぎて…変だよ

【参考】
・由来は「鬢(びん)」、耳と頬の間に生える頭髪(もみあげ)のこと
・標準語では…頬を平手で打つこともいう、博多・糸島弁の「はつる」に当たる
・ちなみに「往復びんた」や「連続びんた」をすることは「はつりたあす」に当たる

【関連】「びんた」を使った言葉:「びんたん」

《意味》横っつら、顔面の側面

《用例》
・あんた…うちゃあスケバンやけん、のぼしあがったら…ビンタンばはつりたあしちゃあ
 →あんた…私はスケバンなので、つけあがってたら…横っ面を連続びんたしてやる

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「あばぁ」「可愛い」
「あばぁ」「ゴワゴワしてる」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る