ぶす

【標準語】仏頂面、不平不満、毒

【品詞】名詞

【意味等】

(1)仏頂面の「ぶす」

《意味》愛想のない顔、無愛想な表情、醜い女

《同義》ぶきりょう、ぶさいく、ぶす、おっぺしゃん

《参考》「ぶす」は女性への悪口や侮蔑の言葉として使われる

(2)不平不満の「ぶす」

《意味》不平、不満、指示に対する悪口や文句

《参考》指示権限がないものが、指示者または指示内容に対して言う駄目出し

(3)毒の「ぶす」

《意味》毒、トリカブト、ヒサカキの実

《参考》毒のあるもの(トリカブト)などのそのものをさす

「ぶす」を使った言葉

(1)「ぶすうっとしとる」→むっつりしている

《意味》不機嫌な様子、無愛想な様、口数が少なくて愛嬌がない状態

《参考》ぶすうっと(無愛想な顔)+しとる(している)→不機嫌な様子である

《用例》

・メイド喫茶んとい…女の子のブスウットシトル、じぇんがとな…笑うちゃんない
 →メイド喫茶なのに…女の子が不機嫌な態度をとってる、料金の分は…笑ってくれよ

・浮気やらしとらんとい…嫁ごの疑うて、家い帰ったら…ブスウットシトンなあ
 →浮気なんかしていないのに…妻が疑って、家に帰ったら…不機嫌にしている

(2)「ぶすかん」→拗ね者

《意味》いつも不満な態度をとったり、不平を言う者、いつも膨れっ面をする人

《参考》ぶす(不平不満)+かん(奸:腹黒い人)→不平不満野郎

《用例》

・また…あれが何か言いようとやろ?はしこうしてブスカンやけん…手い合わん
 →また…あいつが何か言ってるんだろ?刺々しい性格で拗ね者だから…手に負えない

・言う事ばききやい、人の命の係った仕事やけん…ブスカンないらん、辞めっしまえ
 →指示に従え、人の命に係わる仕事だから…不満を言うやつはいらない、辞めてしまえ

(3)「ぶすくれる」「ぶすける」「ぶすこく」→ふてくされる

《意味等》素直に従わずに不満な態度をとる、すねる、膨れっ面をする

《同義》ぶすくれる、ぶすける、ぶすこく

《参考》言葉の由来……「ぶすくれる」の語源は諸説ある

・その1:古語「憤む(ふずくむ):憤る、恨み怒る」に由来する

・その2:古語「燻べる(ふすべる):嫉妬する」に由来する

・その3:ぶす(不平不満)+くれる(~のまま過ごす)→拗ねたまま過ごす
「ぶすける」は、ぶす(不平不満)+ける(助動詞:…ということ)
「ぶすこく」は、ぶす(不平不満)+こく(ほざく、「する」の俗語)

《用例》
・iPhoneい…買換えちゃらんやったもんけん、まーだ…ブスクレトンなあ
 →iPhoneに…買換えてあげなかったもんだから、まだ、ふてくされているんだ

・告白しなったが「ああたやら、好かん」ってフラれなって、ブスケテ…寝とんなあ
 →告白したけど「あんたなん、か嫌い」ってフラれちゃって、ふてくされて…寝ているよ

・ああたが悪かっちゃろ、株で…大損こいたけんって、ブスコイテ…あたきい当たんなんな
 →あなたが悪いんでしょ、株で…大損したからって、ふてくされて…私に当たらないでよ

(4)「ぶすつく」「ぶすぶすいう」→不平不満を言う

《意味》小言を言う、不平不満をグダグダという

《同義》ぶすつく、ぶすぶすいう

《参考》言葉の由来
「ぶすつく」は、ぶす(不平不満)+つく(言う、伝える)
「ぶすぶすいう」は、ぶすぶす(「不平不満」の繰り返し)+いう

《用例》

・俺が悪かっちゃ…なかっちゃけん、そえん…ブスツカンちゃよかろうもん
 →俺が悪いんじゃ…ないんだじゃら、そんなに…小言を言わなくてもいいだろ

・無理ば承知で…頼みこうだが、ブスブスイウテ…引き受けちゃんなった
 →無理を承知で…頼み込んだら、不平不満を言いながらも…引き受けてくれた

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
1:「別に…何も怒ってない!仏頂面は地顔なので、気にしないで」
2:「醜女で悪かったね」「いや…可愛いです」

【翻訳】
「父ちゃんと母ちゃんは…どうして…2人とも…不機嫌にしているの?夫婦喧嘩は…犬も食わないそうだよ!」

【翻訳】
「見た?給与明細!偉そうに言ってるけど…たった…これだけしか昇給してなかったぜ」
「社長はケチだ」「不平…タラタラ」「生活できない…ぶつぶつ」
「本当に…五月蠅い!」
「また!あいつらが…不平不満を言っている!」「クビにできないの?」

【翻訳】
3:コロナ対策はよく理解している…でもね、ぶつぶつ…文句タラタラ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る