ほっつく

 

【標準語】うろつく、ついばむ

【品詞】動詞

【意味等】

(1)「うろつく」のほっつく

《意味》あてもなく歩き回る、彷徨う、うろうろする

《類義》そうつく:歩き回る、うろうろする
・どちらもあちこちを歩き回ることだが「そうつく」は、何らかの目的がある

《参考》由来は「歩つく(ほつく)」の音変異

《用例》

・このごろ爺さんの、ちいっとボケよんなって…ホッツイて分らんごとなんなあけん、心配たい
 →このごろ爺さんが、少し認知症が出てるようで…彷徨って分からなくなるんで、心配だよ

・ああた、客人のあるとい…どこばホッツキよったと?さいぜんから…待ってござあとばい
 →あんた、客人があるのに…どこに行っていたの?さっきから…待っていらっしゃるんだよ

・早う目の覚めたけん、宿も周りばホッツキ回りよったら、道の分からんで…迷子いなっしもうた
 →早く目が覚めたので、宿の周囲をうろついていたら、道が分からずに…迷子になってしまった

(2)「ついばむ」のほっつく

《意味》突っつく、ついばむ

《参考》由来は「掘り突く」と思われる、この意味は糸島や東北地方の一部で使われる

《用例》

・チャボの…あすこの根っ子んとこば、やっさとホッツクきようが…虫か何かおるっちゃろうか?
 →チャボが…あそこの根っ子のとこを、しきりについばんでいるが…虫が何かいるのだろうか?

・鳥小屋いな入りとうなか、卵ば取りい行たら…周りば囲むごとして、足ばホッツクと
 →鳥小屋には入りたくない、卵を取りに行ったら…周りを囲むようにして、足を突くんだよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「こんちわ…ラーメン、超硬ゆで麺で…」
「こんちわ…豚バラと鳥皮を焼いて…」
「こんちわ…キープ…まだあったかなあ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る